カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

世界のコーヒー豆

コーヒーの生産国は、赤道をはさんで南緯・北緯25度のコーヒーベルトと呼ばれる帯状のエリアに分布しています。

世界の約60ヵ国で栽培されているコーヒーは、ブラジルとコロンビアの2ヵ国だけで国際市場の約40%を占め、中南米を含めると約60%にもなります。

それ以外ではベトナムやインドネシアなどの東南アジアと、エチオピアやタンザニアなどのアフリカで栽培されています。

コーヒーノキは熱帯性の常緑樹で、アラビカ種の栽培に適した環境は、気温が16〜24度、標高が600〜1800m程度、また、ロブスタ種の場合、気温が24〜30度、標高が200〜600m程度といわれ、両種とも成長サイクルに合った適度な降雨を必要とし、よく肥えた土壌や火山灰土壌が理想とされています。

世界のコーヒー生産量の約70%を占める、香り豊かなアラビカ種は、ブラジル、コロンビアをはじめ、メキシコ、グァテマラ、コスタリカ、ホンジュラスなどの中南米を中心に栽培されています。また、アフリカでは、エチオピアやケニア、タンザニアで主に栽培されています。なかでも特に、海抜の高い地域で栽培されたコーヒーに比較的良質なものが多いようです。

また、ロブスタ種は、味はアラビカ種に劣るものの、強い耐病性と気温適応範囲が広いため、積極的に栽培されるようになり、主にインドネシアをはじめ、ベトナム、ブラジル、アフリカ諸国などで栽培されています。


生産地域による味の違い


コーヒーといっても、味や香りは様々。
酸味・甘み・苦味・コク、それぞれの特長ある豆から、お好みの種類をお選び下さい。

■マイルド党にお勧め
コーラル・マウンテン(コスタリカ・ラミニータ農園)
 *まろやかな香り・成熟した味のコーヒー。標高1500mの急斜面な山肌で栽培されています。
エスポラナーダ《アマレイロ》(ブラジル・ボアビスタ農園)
 *甘いチョコレートフレーバー、ソフトなコーヒー。34,723本栽培の黄色い実のブルボン種です。
パラダイス・プレミアム(ニューギニア・ブロサー農園)
 *酸味が抑えられ、丸みのあるフローラルなコーヒー。アジアのブルマンと言われています。
ブルーマウンテンNO.1(ジャマイカ)
 *世界最高級の逸品。酸味・甘味・苦味・コク全てにバランスのとれたコーヒーの王様です。
クリスタル・クイーン(キューバ)
 *甘い酸味とまろやかな味わい、コーヒーの女王様。クリスタルマウンテン最高級品です。
エメラルドマウンテン(コロンビア)
 *フルーティーな酸味・香りと風味のコーヒー。コロンビア王国コーヒー生産者連合会が認定した豆です。

■香り党にお勧め
ハワイコナ(アメリカ)
 *ドライフルーツを思わせるフルーティーな香りと酸味のコーヒー。ハワイ島コナ地方で収穫された生豆です。
モカ・イルガチャフィ(エチオピア)
 *丸みあるフローラルなコーヒー。標高2000mのイルガチャフィ村で収穫、コクキレが凝縮。

■酸味党にお勧め
エーデル・ワイス(タンザニア・エーデルワイス農園)
 *柔らかな酸味・甘味・香りが調和したコーヒー。標高1700m高知で30万本栽培されています。
スノートップ(タンザニア・ブルカセリアン農園)
 *フルーティーな甘酸っぱい風味のコーヒー。キリマンジャロの万年雪を見て育っています。

■苦味党にお勧め
ゴールデン・マンデリン(インドネシア・メダン農園)
 *芳醇なコクと香りのコーヒー。黄金色の輝きのビーンズを栽培しています。
ガテマラ・サンドライ(ガテマラ・ラ・エスペランス農園)
 *コク・香りに優れ、天日乾燥で甘味増すコーヒー。「自然中での共栄」がテーマです。
カロシ・トラジャ(インドネシア)
 *まろやかさを併せ持ったコクは多くのコーヒー党が絶賛。スラウェシュ島南部の標高1500mトラジャ地方で栽培。
パストレス・ピーベリー(ガテマラ)
 *適度の酸味と甘味のあるコーヒー。枝の先端にできる丸い一粒豆で比較的油分が多い若い豆です。

ページトップへ